[SEO]ランキング要素TOP3が発表されました

資料を見て指摘する男性

3月25日の時点でGoogleの検索順位を決定するランキング要素のTOP3が発表されました。正直なところSEOを意識していてサイトを運用している人には予想通りという感想の人が多いのではないでしょうか?

資料を見て指摘する男性

TOP3の要素はこちら

  • リンク
  • コンテンツ
  • RankBrain

リンク

そのままの意味になりますがページがどのようなページからリンクを送られているかですね。一時期のSEOではペイドリンクと言われる金銭によるリンクがよく使われていましたが現在はペナルティ対象となっているので、今回のリンクとは正しい?リンクを指しています。

コンテンツ

こちらもそのままの意味ですね。サイトの内容が正しい情報であるか、検索ユーザに取って有益なものであるかといった感じの要素になります。

RankBrain

つい最近もalpha碁が人類最強と言われるイ・セドル氏との対戦に勝利して話題になりましたね。そのGoogleが開発している人工知能をSEOに活用しているのがRankBrainです。

それまでは検索キーワードなどの意味をそのままの意味で受け取ることしか出来なかった検索結果に関連性などを理解出来るようになっています。

RankBrainの働きのおかげで、Googleは、「オバマの奥さん」=「ミシェル・オバマ氏」のことだ、と理解でき、結果、このような検索結果を返すことができます。

RankBrainがなかったら、Googleは言葉の意味がわからないでしょう。
例えば「オバマの奥さん」で検索すると、おそらく、単に「オバマの奥さん」という文字列の入ったページを羅列するでしょう。

RankBrain(ランクブレイン)とSEO対策 ガイド

感想

結果としてサイト運用に何か変わるかと言われると何も変わらないかなと言った印象を受けました。コンテンツやリンクは元々ホワイトハットでサイトを作成していれば自動で解決する部分ですしRankBrainも同様だと思います。なので今回のTOP3を知ったところで何も変わらないのでは無いでしょうか。

今はもうほぼ絶滅したと思われるブラックハットのサイトはどうなんでしょうね?

※何がブラックなのかという話は無しで・・・

参考サイト:Googleがランキング要素のTOP3を公式に発表。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。